まとめ ナイトレイブンカレッジ関係者

【ツイステ】次黒い石食べてグリムがどうなっちゃうのかも怖い

コメント17

EYi-Q4tX0AQFWqW

4964.  名無しのヴィランズ2020年08月02日 23:37
次黒い石食べてグリムがどうなっちゃうのかも怖い
すでにヤバそうなのに

4965.  名無しのヴィランズ2020年08月02日 23:41
>>4964
禁断症状とか出てきそうで怖いよね

4972.  名無しのヴィランズ2020年08月02日 23:57
>>4964
3章終わり頃だったか、レオナさんあの石についてなんか知ってそうだったよね…でもこっちから聞かなきゃわざわざ教えてくれなさそうだな…

4982.  名無しのヴィランズ2020年08月03日 00:09
>>4964
もうそろそろ黒い石がオバブロに関連するって勘付いてきそうだよね。グリム学園生活の影響か将又黒い石の影響か、知能が高くなってるみたいだし。

4999.  名無しのヴィランズ2020年08月03日 00:46
>>4982
知能が高くなってるの…??
詳しく聞きたい…

5022.  名無しのヴィランズ2020年08月03日 03:52
>>4999
グリムプロローグのころと比べてかなり常識人っぽくなってない?学園生活を経てまともになったともとれるけどあまりにも最初の自分勝手なトラブルメーカーだったころに比べて4章とかスカ寮生にわりと正論かましたり脱出する作業も監督生に押しつけたり手伝わせることなくすすんで一人でやり遂げたし頭いい人たち産の黒い石ばかり食べてるしもしかして知能上がってる…?と思う節はあったかも最初よりずっとわがまま言わなくなってる

5014.  名無しのヴィランズ2020年08月03日 01:41
>>4982
学園長黒い石探してたような?

引用元:当ブログ雑談板

0

コメント一覧

  1. 次にグリムが石食べようとして監督生が止めたらグリムブチギレそう

    0
  2. >>1
    黒い石を食べた直後に鏡に映ったグリムの姿が一瞬だけ違って見えたり、嵐の日にオンボロ寮の外で雷が落ちた瞬間にグリムの影が違っていたとかだったらいいな…

    0
  3. 黒い石については学園長も探しとる点だけでなく1章は何も触れなかったのに2章では黒い石がそこにあるかどうか確認するようになったところも怪しい所だと思うのにそこはあんま触れられてない気がする
    どっちもオバブロ現場に居合わせてかつインク瓶の化物が生まれて消えるまで見届けたのには変わらんのに

    0
  4. イグニハイド寮の黒い石、もしゲーミング石的な感じで七色に光ったりして他の生徒も黒い石の存在に気が付いて拾い食い阻止出来たりしないかな…………

    0
  5. 4章ラストのジャンキー顔はマジで震えた

    0
  6. 5章のオバブロ石はリンゴ味かな

    0
  7. 今度食ったら背中おもっくそ叩いて吐かせる

    0
  8. >>1
    選択肢で「今のは…?」とか出てきそう

    0
  9. グリムもう拾い食いしないで…….

    0
  10. グリムが前よりわがまま少ない……?ちゃんと意思疎通できるようになってきてる……!と嬉しかったのに4章ラストによって全てを悟ってしまった時はマジでリアルにアイデアロール成功からのSAN値減少を感じ取れた

    0
  11. もう拾い食いしないように口輪つけよう

    0
  12. 知能は高くなってるけど声はどんどん獣っていうかマスコットっていうか、人間離れしてきてるよね

    0
  13. 7章でマレウスオバブロした後に全部の黒い石食べたグリムと戦うんだろうなと思ってるけど、グリム倒した後に7つ分(おこりんぼう入れて8つ?)全部固まったビッグサイズの黒い石とか出てきそう。

    0
  14. >>1
    それは風が吹いたら桶屋が儲かるやつ
    言わんとしてることはわかる

    0
  15. あの黒い石って負の感情が詰まってそうで、、、
    グリムが感情を溜めていく感じだったらものすごく怖い
    んだけど、、
    個人的にグリムオバブロ説推す

    0
  16. グリムの話し方が初期と4章で全く違うのも気になるんだよなぁ

    0
  17. バタフライエフェクト?みたいな一瞬だけオバブロシルエットとか映らないかな

    0
※削除・禁止IP基準は管理人の独断で削除されます。ご了承ください。
※コメント欄からまとめ記事を作成する場合がございます。
※まとめ記事の内容が少ない物には積極的にコメントを書いてくれるとコメント欄から抜粋して記事に追加できて助かります。
タイトルとURLをコピーしました